追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

赤とんぼ

少しだけ見上げた 視線の先で



向かい風に乗って


赤とんぼが 飛んでいる



気持ちよさそう


じゃれ合いながら



あっ  もう一匹 加わった



三匹になった



空を泳ぐ 魚みたいに


飛んでいるのが 


楽しそう



向かい風に乗って 


飛んでゆく




PM:1226  風の景色

柔らかく そよぎゆく風に



陽の光を受ける 明るい緑が


輝き 穏やかに揺れ動く


青い 空を背に



風に導かれ 西へ・・・


流れゆく 薄雲を背に




呟くように ただ


鳴いているのか



知らせているのか それとも


話しているのか



鳥達の甲高い声は 


あちら こちらから  僕の耳に飛び込んでくる



安らぎの粒




鳶が昇る 昇る


大きな翼を 広げたまま



遠くの空で



厚い 雲の中へ  消えていった




忘れないでいたい

抜けるような 


青い空の 見渡せる日には



雨を


しっとりと降り落ちる 優しい雨を



降り頻る雨が 


目に映る景色を 覆い隠す日には



晴れ渡る空を



輝くほどに眩しい 眩しい 青空を



この心に


この心に




泥塗れになっても


油塗れになっても



溢れる緑 冷たく肌に触れる 澄んだ空気


囁くせせらぎ  柔らかくそよぐ風



足跡を残す 白い砂浜  潮の清々しい匂い


さざめく波の音  遠い 水平線



忘れない 忘れない


忘れないでいたい