追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

烏賊島 蛸助

「私は、イカ島タコ助である!」



威勢だけは良かった。


タコとイカが、合体しただけの姿だった。



イカの頭に、タコが乗る。



不思議なバランスで、グラつきながらも


辛うじて立っては居たものの・・・



歩くには多少、無理があった。



まるで、首のまだ据わらない、赤ん坊のように


タコは、頭をぐにゃり、傾げていた。



「私は、イカ島タコ助である!!」



一体どちらが、


どこから喋っているのか、判らなかった。



威勢だけは、とても良かった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。