追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

白い空は冴えない表情で広がり 寂しげに淡い光を漏らす

青くは見えない



遠くから近づく 雨の足音が 


聴こえてきそうなほど 静かな



休日の白い空




古びた落ち葉に 下草


くねる道に 暗い 影を被せる


長く 枝を伸びださせた 木々 また 木々



半袖では寒いくらいの  冷気をくぐる




水辺に集う 小さな 紫陽花の花達


清らかな山水の流れが 転がる  鈴の音のように響く




届かない陽射し


頼りない風景


森のなかに広げられた 隠しの底



鳥達は気にも留めず


相変わらず 陽気に囀っている












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。