追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

夏の日暮れ

夏の日暮れは 遅く


まだ 見渡す空は明るく でも



遠く 聳える山並みの向こうに 隠れ 沈んでゆく


夕陽は 周りの雲を 青くも


淡く 赤くも



空の白を 黄赤にも 染めてゆく




森のなかへ 帰ってく


鳥達が景色を横切った



夜を待たずに 


夏虫は涼しそうに鳴いている



数少ない 小鳥の囀り  代わる 代わる


よく響く 静けさのなかで



温かくも 冷たくもない


そんな風が 時折 やさしく吹いて



草や枝葉を 揺らしてゆく




見下ろした 低い山々の向こうに 


遠い 街の灯り



ぽつり ぽつり と 霞のなかに


薄く かかり始めた 夕闇のなかに







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。