追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

暑かった日の黄昏

何となく 辿り着いた



河口を虹のように跨ぐ 橋の上 小さな港


スクラップ屋に 油臭い海



向こう岸には 明かりが点々と灯る


海面に長く伸びる 光の筋



薄闇のなか


黒く染まる 山並みと


色濃くなってゆく 空の透き間を



残照が 美しく走る


静かに揺らめく 暗い海を 照らしながら



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。