追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

赤い風船

あっ
手に持つ か細い糸が
指から するりと 抜けてった


ふっ
風船は 吸い上げられるように


ふわっ
宙に舞い上がる


風に吹かれ どんどん 昇っていく
走って追いかける


風船は 
どんどん どんどん 高く 高く


風に流されていく 
小さくなっていく


もう 届かない


空高く 風に吹かれていく


風船は
もっと もっと 小さくなって 
見えなくなった


それで よかった





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。