追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

夏下がり

涼しい風が 事も無げに
一日中ずっと 吹き通うようになって


ベタつかず
身体は さらり 快適で


真夏に惑わされていたのか


目映い あの空も 雲も
賑やかな 街の風景も
騒がしい 蝉時雨も
何時の間にか


少しだけ昨日に
ずれてしまった 残像のよう


木陰のベンチに 腰を下ろし
ほっ として


ふぅ と胸を撫で下ろし
あっ と気付いて


はぁ とどこか 寂しくて





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。