追想の彼方

自然の中で、日々の暮らしの中で・・・見つけたこと、思ったこと、感じたことなどを綴っています。

雨の匂い

首筋に落ちる
水玉 ひやり


決して撃ち抜かれることのない
可愛らしい 弾丸


どんより雨雲に 
優しい攻撃を食らう


それだけなら良いのに
それだけなら


誰も
無益な争いで 血を流し合うこと
無い筈なのに


漂う 雨の匂い


泥道を小走りで行く
水溜りを避けて


びしょ濡れにならないように
早く 辿り着きたい



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。