追想の彼方

移り変わり揺れ動く心の内を 気儘にも身勝手にも感じるままに

In a sweet pale shade

真っ黒い絵の具
粉団に混ざり込んだ
妙に艶めかし過ぎな


ソフトクリームを
溢して破茶滅茶に
塗りたくられた空の下


正気を取り戻した
見慣れる緑の景色
いつか途切れたままの


白昼夢の情景と
リンクして不自然な
鮮やかさを帯びる


少しだけ先の未来に
踏み出し歩く感覚


頭ではくっきり
捉えているようで
曖昧さは否めない


丸裸で森の中を
彷徨っているようで


無意識に進めば
このまま望みの
場所まで辿り着けそな


操られているのか
そっちの方向へ
いやそれとはまた違う


気持ちは宙に
ゆらり翻し返した踵


冷やかな風が
そおっと身体を撫ぜ
水面を騒がせ始める


いつも陽の昇りを
迎える丘の池畔に立ち


僅かばかりの
濃い光が零れ照らす
眼下の田舎町を眺め


道草をくってまた
この風景から抜けだし
食い倒れ人形宛ら


毎度の工事現場
粧し込み佇むついで


本当はもっと
気儘放題にやりたい
心を密かに押し殺し


皆に愛想を振り撒く
滑稽な自分の姿を
やるせなく思い浮かべる

























※In a sweet pale shade
…甘やかな淡い陰色で

×

非ログインユーザーとして返信する