追想の彼方

移り変わり揺れ動く心の内を 気儘にも身勝手にも感じるままに

Fly wrapped in spring

快適すぎて緩く
行きつ戻りつ
申し分ない春は


海月のように
日和に揺られ
過ごし流される又


緩んじまった
頭のネジまで
ふらふわする季節


おっとりとした
陽気と涼風に
抱かれどこへやら


俺の空っ穴な心は
みるみると暈け
際限なく薄まる


重い着包み抜けて


夢宙に漂うんだ
稀に見る気持ちよさ
ふっと運ばれほら


なにやら時折
眼に浮く綿毛の種に
なっちまったみたい


沈んでる訳でも
虚しいともちと違う
額にちらつき游ぐ雲


いつかの眩い夏まで
ゆったりぶらり 
誘ってくれんのかな


いつまでもこの儘
浸っていたい丸ごと


別に理由何て今は
摑み所ない自由に
委ねてるだけなのさ


この有り余る余白に
途切れそな意識と
お昼みたいに寝転んで






















※Fly wrapped in spring
…春に包まれて飛ぶ

×

非ログインユーザーとして返信する